ホーム > さく井 > 井戸・温泉リニューアル

井戸・温泉リニューアル


温泉は特に温度と成分によりスケールが溜まりやすく、定期的な洗浄を必要とします。
弊社では、温泉専用の洗浄機も保有しております。
井戸にも定期的な点検と診断が必要です。
井戸や温泉は定期的にメンテナンスしてやることで永年継続利用が可能になります。

井戸温泉

洗浄

お客様からの聞き取り調査,御希望によっては井戸調査を行い洗浄方法を決定いたします。 温泉は特に温度と成分によりスケールが溜まりやすく、定期的な洗浄を必要とします。 弊社では、温泉専用の洗浄機も保有しております。お気軽にご連絡ください。 井戸の状態によっては洗浄が不可能な場合もあります。


ブラッシング ブラッシング
(機械的洗浄)
対象:スケール等
ワイヤーブラシによって、井戸管内のスケイルや錆を掻き落とします。
     
ベーリング ベイリング(浚渫)
(機械的洗浄)
対象:埋没土砂
井底に堆積した砂やスケールなどをベーラーを
用いて浚渫します。
     
スワッピング スワビング(導水)
(機械的洗浄)
対象:スケール等
スワブ玉の上下により井戸内へ水を強制的流入
させることでクリーンに付着したスケールや砂粒 を除去します。
     
薬液 薬液洗浄
(化学的洗浄)
対象:スケール等
スクリーンの目詰まりは、アルカリ度の高い地下 水によるカルシウム、マグネシウム炭酸塩, 鉄バクテリアによる鉄酸化物、ある種のバクテリアによる マンガン炭酸塩等がスクリーンに沈着することが原因で ある場合がおおい。これらが長期間に亘り沈着を続ける ことにより、固着した状態となり、このような場合は 機械的処理のみでは孔壁,スクリーン部の目詰りを除去 することは困難であり、化学薬品を用いて固着を緩めて の洗浄する併用が効果的である。
     
エアリフト エアリフト 対象:埋没土砂
井底に空気を送り、優しく井底堆積物・孔壁付着物を除去します。 狭い所でも可能井戸への負担が少ない。
     
Wケーシング 二重ケーシング 対象:ケーシングの破損(腐食等)
内側に新しいケーシングを設置する。
隙間には砂利を充填する。

二重ケーシング

二重ケーシング

ケーシングやスクリーンに破損が生じた場合、充填砂利や帯水層中の礫や砂が井戸内へ入り込み手遅れの場合井戸が埋まってします。 破損箇所の補修法として二重ケーシングが一般的である。 施工は既設のケーシング内に更に井戸径が小さいケーシングを設置する方法であるが、 破損の状況等により全深度二重の場合と下部のみ二重の場合があり、計画には水中TVカメラによる事前観察が不可欠である。 なお、二重ケーシングを施すことによって水量が若干減少し、更に、全深度二重の場合は挿入ポンプも小さくなるという、難点も有る。


仕帯設備の点検・変更

二重ケーシング

付帯設備には、揚水ポンプ・操作盤・ピット・滅菌装置・圧力タンク・濾過装置等が あります。これらの多くは野外設置してあり、機器の老化,腐食,雨水の井戸ピット内や 各装置への浸入,滅菌装置または濾過装置の注入剤減少,圧力タンク内の堆砂・空気量の 変化等が生じることがあり、定期的に点検・交換を行う必要があります。


掘替え&埋戻し

洗浄・二重ケーシングも不可能な場合同敷地内にて井戸を掘り替えることもリニューアルの
一環です。
その場合の注意点として、
・既設井戸を使用しない場合 新設井戸は既設井戸から最低2m離す必要がある。
・既設井戸を使用する場合 新設井戸は既設井戸からは10m以上離す必要がある。
・既設井戸を埋め戻す場合 水質汚染を誘発しないよう埋め戻し材を吟味する必要がある。
 また将来自噴する可能性が予測できる場合はその対策も必要である。


井戸再生工法:現状の井戸をよみがえらえます。

・現況の設備がそのまま利用でき無駄がなく経済的。
・老化した井戸を新品に再生。
・老化の原因によっては、それを除去し当初井戸以上の優れた湧水能力の井戸に仕上がる。
・新たな井戸を設けるより短い工期。
・井戸の新設ができないケースにお応えできます

ソニックドリル1 ソニックドリル2 ソニックドリル3

ソニックドリルロッドによる
既設井戸ケーシングの被せ掘り。

既設井戸ケーシングの引き抜き。 ソニックドリルロッドの引き抜き。
     
ソニックドリル4 ソニックドリル5 ソニックドリル6
ローピング機による孔内洗浄。 新しい井戸ケーシングを挿入後
濾材を充填しローピング機によ
る井戸仕上げ。
水中ポンプを挿入し揚水試験の
実施。